ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

説明
触読式振動時計メテオ

振動時計メテオは、ポケットの中に入れたまま片手で時刻確認ができます。振動だけで音声は出ませんが、正確に分まで教えてくれます。従来の触読時計で正確な時間がわかりづらかった方や、静かにこっそり時刻を確認したい方にとても便利な時計です。

商品名: 触読式振動時計メテオ AL-V100 (青色と赤色がありますが、赤は数量限定)
販売価格: 10,800円 (税込、送料無料)
ご注文・お問い合わせはアクセス・テクノロジーで受け付けています。
以下、触読式振動時計メテオ の特徴および使い方です。

※取扱説明書 兼 保証書 (PDFファイルより一部抜粋引用)
●ゆで卵を縦長方向に半分に割って、黄身を取り除いたような半楕円球のうち側に3つのボタンがあります。
親指をうち側にして、厚さが薄い方を親指と人差し指で挟むような形で持ちます。

1.時刻を見る
薄い側にある一番先のボタンが時間、真ん中のボタンが10分、一番手前のボタンが1分を知らせます。
ボタンを押すと振動しますが、振動の仕方は短い振動と長い振動の2種類があります。
短い振動は1、長い振動は5です。
(1)時間ボタンで、短い振動が3回あれば3時です。長い振動が1回、短い振動が2回なら7時です。
(2)真ん中の10分ボタンで、短い振動が3回なら30分。長い振動が1回なら50分です。
(3) 一番手前がわの1分ボタンも同様です。
【例】6時08分の時
薄い側にある一番先のボタンを押します。長い振動が1回、短い振動が1回です。6時を表します。
真ん中のボタンを押します。振動はありません。3分なので10分の単位はないからです。
一番手前のボタンを押します。長い振動が1回、短い振動が3回です。8分を表します。

※注意:一度、ボタンを押し、時刻を確認した後、30秒経過するまで振動回数は更新されません。この間、内蔵時計は更新されています。

2.時刻を合わせる
時刻を合わせたいときは、ボタンを長く押します。ボタンを3秒間押しつづけていると、長い振動があります。この長い振動が、時刻合わせモードになったことを示します。
その後、ゆっくりと短い振動がやってきます。合わせたい数字の回数のところでボタンを離します。

サイズ:縦79×横39×厚さ19ミリ
重さ:27グラム
時計精度:年差±2分
電池寿命:最大5年(電池交換の際は、ご購入店にご相談ください。)
防水性:10m耐圧性を備えた日常生活防水
保証期間:1年間
製造元:Alexandravision(スイス)
日本国内販売元:株式会社アメディア
戻る
フッターイメージ